冷え取りの重要性について


「冷え」は万病の元です!

「冷え」は足元から次第にお腹→生殖器→呼吸器へと、その障害が上がってきます。

手足が冷えているという方は実は「内臓が冷えている」方がとても多いんです。
写真
では何故冷えると良くないのでしょう?

*自律神経の働きが狂う

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」からなり、 お互いにバランスを取り合っています。

このバランスが大きく崩れる事を「自律神経失調症」といい、めまい、頭痛、不眠などさまざまな症状が表れます。

自律神経失調症の方には平熱が35度台の低体温の方が多いそうです。


*血行が悪くなる

体が冷えると血行が悪くなります。血行が悪いと全身の細胞に酸素や栄養が十分に届かなくなり、細胞機能が低下してしまいます。

細胞機能が低下すると代謝も低下し、その結果、体熱を産生する能力も低下してしまい、さらに体が冷えるという悪循環に陥ってしまいます。


*免疫力の低下

免疫とは体内に入ってきた細菌、ウィルスと戦う仕組みの事です。

免疫力は「冷え」に弱く、寒い所に少し長くいただけで風邪をひいたりします。
健康な状態ならば、風邪をひいても直ぐに元気になったりしますが、
「冷え」により慢性的な低体温の人はこの免疫力が落ちているので、
感染症やアレルギーといった免疫系の疾患になったりします。


当院では冷え取りを重視し、足湯をしていただいてから

施術に入る事で施術効果を高めています。

*お客様の身体の状態によっては足湯をしない場合も有ります。



家庭で出来る冷え取り法

ご家庭で出来る冷え取り法として「半身浴」と「足湯」のやり方をご紹介します♪


☆半身浴☆ 写真
1、温度はぬるめのお湯(37〜40℃)で行います。
・・・副交感神経が活性化してリラックスできます。

2、胸から下だけをお湯につけます。(横隔膜)
・・・上半身や両腕を濡らさず、寒い時は乾いたタオルなどを掛けましょう。
100円ショップなどでお風呂椅子を買ってきて座るといい感じです。

3、時間は20〜30分くらい。
・・・音楽を聴いたり、濡れても惜しくない雑誌などを持ち込んで読んでるとすぐです。

湯上りは汗をかいた分の水分を補給し、 靴下、ズボン下をはいて下半身を暖かくして下さい。


☆足湯☆ 写真
1、足が入りそうなバケツや発泡スチロールの入れ物を用意します。
・・・最近では足湯バケツなんて便利なバケツも売ってますね。

2、お湯は41℃前後の気持ち良い温度で。※途中で温度が下がってきたら差し湯。
・・・足湯水深はくるぶしから指3本位上の深さがあればOKです。

3、足湯時間は15〜20分。一日に3回位入ると効果的です。
・・・病み上がり、お年寄りなどの体力が少なめの方は回数や時間を短めにして行ってください。

終了後は速やかに靴下、ズボン下を用いて下半身の保温に努めてください。

持病をお持ちの方は医師に相談してからするようにしてください。

inserted by FC2 system